Get Adobe Flash player
品名 出回り時期 チェックポイント 栄養成分の特徴 効用
大根 地物11月下旬~翌年3月 皮の白さと艶の有る物が良い 根部にはビタミン、ミネラルが豊富、ジアスターゼが豊富なため消化を助ける。 胃腸障害
トマト   露地物は6~9月、施設物は周年  ヘタが青く生き生きしたものが良い。  抗酸化作用のあるリコピンを含む。ビタミンA、B1、Cを多く含む。 がん予防 
きゅうり  露地物は5~6月、施設物は周年 表面のイボイボが痛いくらいに尖っている物が良い 水分が多いが、ビタミン、ミネラルも少量ながらバランス良く含んでいる  肌に良い。高血圧予防
ニンジン  地物5~6月、10~12月  形の良い、肌のきめは細かいものが良い。  βカロテンを多く含む。  がん予防、動脈硬化予防
ナス 地物6月~11月 額のトゲが尖っている物が良い 水分が多い。カリウム、植物繊維が比較的多い。 がん予防、動脈硬化予防
ほうれん草 露地物12~2月
施設物は周年
軸が太いもの、根の赤みの強いものが良い。葉の色が濃くみずみずしく張の有る物が良い カロチン、ビタミンC、B1、B2、葉酸を多く含む。  
カブ 地物9月下旬~翌年6月上旬 葉が生き生きしたもの、白かぶは艶があり、ひび割れのない真っ白なものが良い。 根の白い部分にはビタミンCを含む。葉にはカロチンが含まれており栄養価は高い。 体を温める。
小松菜 旬は12~2月
施設物は周年
葉っぱの厚いもの、軸の太いものが良い。 カリウム、カルシウム、鉄、ビタミンC、カリテンを豊富に含む。  
はくさい 旬は10~3月 ずっしりと重いもの、葉の色が濃く良く巻いているものが良い。 水分が多い。カリウム、カルシウム、βカロテン、ビタミンC、植物繊維を豊富に含む。 消炎作用がある。
キャベツ 周年、地物1月~7月、10月~12月 寒玉キャベツはずっしり重いものが良い。春キャベツは葉の瑞々しいものが良い。 ビタミン、ミネラルが豊富。特にビタミンU(キャベジン)を含む。 胃潰瘍、十二指腸潰瘍予防
ねぎ 周年、旬は10~2月 軟白部の艶が良いものが良い。葉色が濃く張が有る物が良い。 ビタミンB1を活性化するアリシンを含む。 健胃、整腸作用
玉ねぎ 小田原産5月~6月 球が硬くて、皮の光沢が良いものが良い。 抗酸化作用のあるケルセチンを含む。血液さらさら効果のあるアイリンを含む。 動脈硬化予防

Copyright © 2015. 鎌倉青果市場株式会社
All Rights Reserved.